妊活と妊活サプリの配合成分とそれぞれの効果について

妊活は、ひと昔前まではそんな言葉もなかったくらいでした。
ですが、結婚している夫婦の1割以上が不妊に悩んでいるらしいというデータもあるらしい現代では、至極当たり前のことのように思えなくもないようなそんな状況になってきました。
食事内容や生活習慣に気をつけたりして、妊活に励んでいるカップルは、たくさんいるようです。
妊活という言葉がなかった時代でももちろん、妊娠・出産しやすい身体や環境づくりは行われてきたようです。
女は腰を冷やすな、なんていうおばちゃんの知恵袋的なものには、確かに、妊活に役立つものもあるだろうと思います。
そして、化学と技術が進んだ現在では、より実践的な妊活に役立つ方法があるんだろうと思います。
そのひとつが、妊娠と出産に良い効果をもたらすらしいと言われている妊活サプリです。
ではこれから、妊活サプリに配合されている成分と効果を紹介していきます。
まずはじめに、葉酸です。
葉酸は、欧米などでは昔から、妊婦が積極的に取るべき栄養素として重要視されてきたらしいという話を聞いた事があります。
日本では、母子手帳に葉酸の積極的摂取が推奨されたのは、2002年になってからのことのようです。
そのため、おばあちゃん世代には未知の成分かもしれないと思う事もあります。
葉酸は精子のDNA異常を防ぎ、卵子の正常な形成を助ける作用があるみたいなので、赤ちゃんの先天性奇形を防止する効果があるらしく、現代の妊活カップルには必須の栄養素の一つだと思います。
また、亜鉛も男女両方に必要な栄養素のひとつみたいです。
亜鉛は、古い細胞が新しい細胞と入れ替わるのに必要な栄養素らしくて、新陳代謝を促して免疫力を高める効果があるようです。
人体に必要な必須ミネラルのひとつの亜鉛が欠乏すると、男性では性欲減退や精子の運動量低下を引き起こしてしまうらしいです。
盛んに細胞分裂を繰り返して成長する胎児には不可欠の栄養素なんだろうと思うので、妊婦が亜鉛欠乏庄になると、胎児も発育不全になってしまうだろうと思います。
男性には精力増強や滋養強壮、女性にはホルモンバランスを整える作用のあるマカも、よく妊活サプリに使用される成分のひとつのようです。
また、男女ともにホルモンバランスを整える効果のあるビタミンEも、妊活サプリに良く使用されているみたいです。
他にも、胎児の成長に必要なカルシウムやマグネシウムなどの成分を含んだ妊活サプリや、上で紹介した成分を組み合わせたもの、また、配合成分だけでなく配合量まで含めると、相当多くの様々なバリエーションがあるみたいだと感じています。
ただ、あくまでもサプリは補助的な方法ですから、サプリのみに頼らず、規則正しい生活でホルモンバランスを整えたり、栄養バランスのある食事で必要な栄養素を取るようにしたりして、夫婦で協力して妊活に取り組むのが一番良い事だろうと思います。

◇妊活の期間は大体どのくらいなのだろうか?◇
赤ちゃんを望んでいる夫婦が行っている妊活ですが、大体どのくらいの期間行われているのでしょうか?
何のデータだったか忘れましたが、半年とか一年とか、そのぐらいが多かったという結果を見た事があるような覚えがあります。
この記憶が正しかったとすると、妊活をして1年以内には結構多くの夫婦が赤ちゃんを授かっているということになるんだろと思います。
私も妊活を始めた時は、半年ほどで赤ちゃんを授かりました。
しかし、この半年は生理が来る度に、また赤ちゃんを授かれなかったと落ち込んでしまっていました。
ですが、この結果を見てもわかるように、1年という長い目で見ていけば、赤ちゃんを授かりやすいという結果が出ているので、そんなに焦る必要もないんだろうと思います。
あまり焦ると逆に授かりにくくなってしまうのだろうと思うので、期間に縛られずに自分たちのペースでゆっくり妊活していくのが一番効果的なのではないだろうかと思います。

◇妊活を成功させるには男女で協力する必要があると思います◇
当たり前のことですが、妊活はカップルで協力して行うものです。
そして、妊娠に最も悪影響を及ぼすものの一つはストレスだと思うのです。
男女ともに、ストレスがたまると、ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまうのだろうと思います。
すると排卵のリズムが狂ってしまうし、過度のストレスは、健康な精子と卵子の形成に影響を及ぼしかねないだろうと思っています。
ストレスがたまり過ぎないように、お互いがプレッシャーをかけ過ぎないようにしつつ、カップルで密にコミュニケーションを取るのが、妊活成功のコツなんだろうと思うのです。
一緒に趣味を楽しんだりしてリラックスを心がけると良いのではないだろうかと思います。
また、妊活に必要な葉酸やマカなどの、男女ともに有効な成分が入ったサプリを二人で一緒に飲むと、コミュニケーションの手段の一つにもなるのではないだろうか、もしそうだとしたら一石二鳥なのではないだろうかと思う事もあります。

◇マカと葉酸が配合されたサプリをコツコツと飲み続けました◇
結婚することになり、年齢も30歳を過ぎていることから、すぐにでも子供が欲しいと思っていました。
ただ一つ私の中で気になっていたのが、私の生理不順です。
学生の頃から生理があったりなかったりするので、これは不妊につながるのではないかと思って不安だったのです。
その話を友人にしたら、妊娠する前からしっかり妊活でサプリを摂ったほうがいいよと勧められました。
その際に勧められたのが、葉酸とマカでした。
葉酸は赤ちゃんの細胞分裂に欠かすことが出来ない栄養素らしいです。
また、マカは妊活中に女性ホルモンのバランスを整えて、生理の周期が整うから妊娠しやすくなると教えてくれました。
これはいいことを聞いたと思って、妊活のためにサプリを飲むことにしましたが、探してみると妊活サプリとしてマカと葉酸が配合されたサプリがあったので、これなら手軽に摂取できるなと思って購入してみました。
特に癖もないので、問題なく毎日摂り続けることができました。
サプリを飲み始めてから、身体が温かくなったような感じを実感できるようになりました。
マカの効果か他の効果か分かりませんが体への変化が実感できて嬉しかったです。
サプリを飲み始めてから、初めはばらばらだった生理周期ですが、毎月生理が来るようになりました。
少しずつ周期も整ってきましたし、飲んでよかったなと実感しました。
そして、マカと葉酸のサプリを飲み始めて1年ほどして妊娠が発覚しました。
結婚式が済んでから3か月後のことでした。
すごく嬉しくて、ずっとコツコツ妊活をしてきて良かったなと思いました。

妊活について悩んでいる事がある方には、こちらのサイトがおすすめです。
https://今日からできる妊活.net/

妊娠しやすい日と実際に妊娠するために気を付けておくべき事

赤ちゃんが欲しい、けれどなかなかできないという人は意外と多いものです。
(意外とは思わない方も少なくないかもしれませんが。)
妊活と呼ばれるような妊娠するために様々な努力をする夫婦もいますし、不妊治療に通う女性も少なくはありません。
結婚すれば自然に赤ちゃんができるもの、という時代はもう終わりつつあります。
子供を作ろうと思いながら生活をして、1年以上赤ちゃんができないときは不妊と考えてもよいと言われているのを聞いた事があります。
女性側の問題だけでなく、男性にも不妊の原因があることもあります。
しかし、子供ができないのは女性のせい、という考えがまだまだ多いことも大きなプレッシャーになり、妊娠をますます遠ざける原因になっているのではないだろうかとも思う事があります。
女性の場合、基礎体温を測ることで排卵日を知り、妊娠しやすい日を導き出すことができます。
しかし、それ以前に月経周期などの体のコンディションを整えておくことが大事です。
ダイエットやストレスなどで月経不順や無月経の女性も多く、無排卵ということもまれにあるようです。
これでは妊娠をいつまで待っても不可能なので、そういった場合には妊娠を望む場合はきちんと婦人科で検査を受けてみることも必要があるでしょう。
排卵日の2日前が一番妊娠しやすい日らしい、ということは基礎体温を測っている女性なら誰でも知っていることかもしれません。
その日に合わせて妊娠を試みるわけですが、必ず妊娠するというものでもありません。
ストレスやプレッシャーも妊娠を遠ざける可能性があると書きましたが、1か月のその日に向けて徐々に緊張が高まり、その日は朝からそわそわ、ピリピリしていると想像してみてください。
自然妊娠を望む場合はあまり排卵日にとらわれず、夫婦仲良く過ごすことが一番大事なことです。
夫婦仲がギクシャクしてしまっては、妊娠どころか、最悪離婚の可能性すら生じてしまうでしょう。
(関連記事:妊活と夫婦の協力について

◇妊活サプリを試してみました
特に妊活などはしていなかったのですが、結婚して2年ほどしてもなかなか子供ができず、少し不安に思い始めたので旦那と相談しました。
相談の結果、妊活サプリを使い始めました。
(関連記事;妊活サプリの配合成分とそれぞれの効果について
使い始めてから半年ちょっとほどでめでたく授かったので、すごく嬉しかったです。
不妊治療などは経済的・身体的にとても大変だと聞いていたので、そこまでは必要にならなくて良かったです。
妊活サプリは気軽に試せるところが、大変ありがたかったです。
この経験から、不妊治療をしようかどうかと悩んでいる友人などにも、まずその前に一度妊活サプリを試してみるようにアドバイスをしてみようと思いました。
しかし、実際にアドバイスをした結果、呆れられて、しかも、その友人と今でも気まずい感じになってしまっています。
なぜなら、その友人はとっくの昔に妊活サプリなんて試していて、それでもずっと妊娠しないから不妊治療をしようかどうかと悩んでいたからでした。
友人の妊娠しない事に対する悩みの深刻さくらい、本当の友達であれば気付けたはずで、その深刻さが分かれば、妊活サプリでどうにかなりそうにない事ぐらい当然分かったはずだと思います。
それなのに、そんな事すら気付けずに、お気楽に不妊治療の前に妊活サプリを試してみるのがおすすめ、なんて下らないアドバイスして、友人を傷付けてしまった私は本当にバカだったと思います。

妊活中に必要な栄養とサプリに含まれる成分

最近では一般的になってきた妊活という言葉ですが、妊娠することを目指すだけでなく妊娠に適した健康状態をつくることも含まれています。
健康な赤ちゃんを産むことはもちろんですが、妊婦さんが自分自身の体をいたわることも重要です。
健康な体で赤ちゃんを迎えたいと思ったら妊活サプリを取り入れるといいでしょう。
妊活サプリにはさまざまな栄養成分が配合されており、体に必要な成分が手軽に補えるようになっています。
女性向けのサプリなら葉酸が欠かせませんが、他にもビタミンやミネラル、カルシウムといった不足しがちな成分もバランスよく配合されています。
日頃の食生活に自信が持てないと不安に感じている方は、妊活サプリを上手に活用しましょう。
健康な赤ちゃんを授かるためには自分の健康を意識する必要がありますが、女性としては健康と同じぐらい美容にもこだわりたいでしょう。
数ある妊活サプリの中には美容に嬉しい成分を配合している商品もあります。
コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸といったうるおい成分も同時に配合しているタイプなら、ツヤとハリのある美しい肌を目指すこともできます。
妊活サプリを選ぶときは栄養成分の種類だけでなく安全性もしっかり確認しましょう。
(関連記事:妊活サプリの配合成分と効果について

◇旦那さんが非協力的だと妊活はとても大変なものになります◇
我が家の旦那さんは仕事が忙しくて、妊活には非協力的で大変でした。
私が、「二人で妊活しよう」といっても「自分一人でやればいいじゃん。俺は疲れてるの」とけんか腰で話してくるのが嫌でした。
同じように妊活している友人の旦那さんは、すごく協力的だったので話を聞いていると羨ましかったです。
結局、私だけが妊活サプリを飲んでいたのですが、さすがに妊娠するには性交渉がないといけないので、排卵日に合わせてお願いする形でしていました。
旦那さんが非協力的だったので、なかなか妊娠ができずに結局3年もかかってしまったのですが、無事に妊娠することはできました。
でも、この妊活生活の間に旦那さんへの不信感が増し、夫婦仲は以前よりも険悪になっています。
(関連記事:妊活に成功するためには旦那さんの協力が不可欠です

◇妊娠するためには食事も大事です◇
妊活には食事も大事です。冷えを改善し体を温めてくれる食べ物がおすすめです。
にんじん、かぼちゃ、ゴボウなどの根菜類は体を温めてくれます。
たとえば、根菜類でけんちん汁を作ってしょうがややねぎを加えるのは良い方法です。
また良質のたんぱく質は免疫力をアップしてくれるのでぜひ取りたい食材の一つです。
たんぱく質は大豆や豚肉、乳製品、卵などに含まれています。
特に納豆はビタミンも多く、おすすめの食材です。納豆は火も使わずに、すぐ食べられるのでとても便利です。
そのほかカキには亜鉛がたっぷり含まれています。亜鉛は女性ホルモンの分泌を促してくれるので妊活にはぴったりの食材です。亜
鉛はカキやレバーなどに含まれています。

◇葉酸の摂取は欠かせません◇
葉酸は抗貧血や細胞分裂・DNA合成に欠かせない栄養素で、ビタミンB群の一種です。
妊活では、女性はもちろん男性も葉酸をしっかりと摂取することで、着床の可能性が高まる上、奇形児が生まれるリスクも減少します。
摂取量としては女性は1日に400ナノグラム、男性は240ナノグラムの摂取が目標です。
ほうれん草や枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリーなどの緑の野菜や、納豆、レバーなどに豊富に含まれています。
最近では葉酸のサプリメントも出てきているので、積極的に摂取して、元気な赤ちゃんを産んでください。

妊活サプリメント口コミおすすめランキングの迷宮についてはこちら